事業案内

統計調査委員会

会務内容

本委員会は、小児末期腎不全(ESRD)患者の実態を把握することを主たる目的として、2007年6月に新たに設置されました。2012年に、2006年~2011年末までの期間中に新規発生した20歳未満の小児ESRD患者の把握を目的とした第1回目の実態調査を実施しました。2014年には、2012年~2013年末までの2年間に新規発生した小児ESRD患者の把握を目的とした第2回目の実態調査を実施し、さらに、第1回目の調査で把握できた小児ESRD患者の第1回目の予後調査を実施しました。2018年1月には、2014年~2016年末までの3年間に新規発生した患者の第3回目の実態調査と第1回・第2回の調査で把握できた患者の第2回目の予後調査を実施し、現在解析準備中です。また、2017年の夏からはIPNA RRT Global Registryへ参加しています。

委員会からのお願い・ご案内

前述したように、第4回目の実態調査と第3回目の予後調査を実施の際には、大変お忙しいなか恐縮ですが、ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。
何かご不明な点があれば学会事務局(jspn[あ]secretariat[ど]ne[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。))までご連絡下さい。

委員会からの報告活動状況に関する報告

統計調査委員会設立の経緯と活動状況に関する報告. 日本小児腎臓病学会雑誌 22:222-225, 2009
小児末期腎不全患者の実態調査:今までの経緯と今後の予定. 日本小児腎臓病学会雑誌 29:123-124,2016

小児末期腎不全調査に関する報告

2006年~2011年末までの期間中に新規発生した20歳未満の小児末期腎不全患者の実態調査報告. 日本小児腎臓病学会雑誌 26:330-340, 2013
本邦小児末期腎不全患者の疫学調査報告:とくに腎移植に関して. 日本臨床腎移植学会雑誌 1:273-281, 2013
本邦小児末期腎不全患者の疫学調査報告:とくに透析療法に関して. 透析会誌 47:167-174, 2014
End-stage renal disease in Japanese children: a nationwide survey during 2006-2011. Clin Exp Nephrol 19:933-938, 2015

このページのトップへ戻る